賢いサプリメントの選び方

あなたのサプリは大丈夫!?

あなたのサプリメントの選び方は間違っている!?

  TOP       サイト運営者・お問い合わせ
まずはココをチェック!!
 ≫ 今のサプリで結果がでていますか?
 ≫ ナチュラル栄養素で出来ていますか?
 ≫ 原料の仕入先、鮮度は大丈夫?
 ≫ 栄養素を壊さない加工をしていますか?
 ≫ 不要なものが入っていませんか?
  ≫ 速やかに錠剤が分解されるようにできていますか?   

  ≫ すべての条件をみたすサプリメントはあるのか?

  ≫ まとめ

 

サプリメント業界の実情
 ≫ 産業に影響を受ける多くの業者
 ≫ 業界の悪癖例
 ≫ 業界の限界?
 
すべての条件を満たすサプリメントは個人輸入で手に入ります
 ≫ お勧めサプリ
 

 

 

 

                                            

 

不要なものが入っていませんか?


そしてもう一つの重要なポイントは

栄養補助に必要ないものがどれくらい入っているのか?

という事があります。

栄養補助に必要ないものの含有量が多ければ

それだけ栄養素が少なくなってしまいます。

栄養補助に必要ないものをゼロにするのが理想です。

これは通常、錠剤の製品では不可能に近い事なんですが、

ちゃんとやっているメーカーはあります。

トップページで書いた通り、

食品添加物・防腐剤・合成着色料・香料・大豆抽出物・とうもろこし・

塩・砂糖といった栄養補助に必要ない成分が、

一般的には入ってしまうんです。

入れざるを得ないと言ったほうが正しいかもしれません。  

さらに、

錠剤を作る場合、栄養素だけでは固まりませんので、

増粘(ぞうねん)剤、乳化剤、といったものを混ぜ込んで錠剤の形を作ります。

「ショ糖脂肪酸エステル」などが代表的な合成物ですが、

粗悪品に至っては、

7割、8割がぞうねん剤だという事もあるので、

そうなると高いお金を出してこのぞうねん剤を一生懸命食べているのと等しいのです。  

このぞうねん剤が2次的な副作用を引き起こす原因にもなるので、

お医者さんなんかが「健食なんて取らないほうがましだ!」と怒るのです。

「取ったって気休めですよ。」じゃなく、「取ったら害になるから、取るな!」と言われる、

日本の健食を良く調べているお医者さんが健食を嫌う大きな要素です。

 

サプリメントはできるだけ不要なものが入っていないものを選びましょう!